こだわり技術でサービス提供中!宅配クリーニング/クツ・バッグ・寝具もOK!

こだわり技術でサービス提供中!クリーニング宅配サービス/クツ・バッグ・寝具もOK!

HOME
店舗の様子、クリーニング事例などダックスの日常をスタッフが紹介! ・店舗スタッフ・工場作業スタッフ大募集!
宅配クリーニングのお申込みなど、お問い合わせはコチラへ!
宅配クリーニングのご依頼、求人応募、各種お問い合わせなど、お気軽にどうぞ。

会社案内

法人概要

社名 株式会社タスカール
代表者 山越信生
本社所在地
連絡先
〒556-0029
大阪市浪速区芦原1-1-1 ダックスビル2
TEL:06-6563-6058/FAX:06-6568-7705
創業 1986年8月
顧問弁護士 堂島総合法律事務所 弁護士 満村 和宏
株式会社タスカール

会社沿革

1986年8月
大国町にて個人事業としてOPEN。父の代からクリーニング屋を営んでおり、いずれ自分の力を試すために、と夢見た独立を果たす。
1991年3月
集配事業ダックス 営業開始。
1992年4月
戎本町店OPENに伴い、「有限会社ダックス」として法人化。
1998年8月
北堀江店OPENとともに、自社ビル完成。
1999年6月
幸町店OPEN。
2002年3月
戎本町工場移転と共に桜川工場として機能拡大。当初は店頭と集配の収益比率が、およそ3対1だったがバブル崩壊とともにすかさず高単価の集配事業に戦力を集約し、成功を手にする。現在、前年比125%で急成長中!
2005年9月
宅配部門として株式会社タスカールを設立。
2006年4月
塩草店OPEN。
事務所を塩草店へ移転し宅配本部として機能させる。
2006年10月
宅配サービス営業を開始する。
2009年12月
本社 桜川店を工場ともに移転。同場所を立葉店として営業開始。
2010年12月
メガドンキホーテ弁天町店内に弁天町店オープン。
2011年2月
ドンキホーテ上本町店内に上本町店オープン。

クリーニング事故賠償基準

目的

第一条

この賠償基準は、クリーニング業者が客から預かった洗たく物の処理または引渡しの業務の遂行にあたり、職務上相当な注意を怠ったことに基づき法律上の損害賠償責任を負うべき場合に、大量のクレームを定型的に処理するための合理的基準を設定し、これにより公平かつ効率的にトラブルを解決するとともに、消費者の簡易迅速な救済をはかることを目的とする。

定義

第二条

この賠償基準において使用する用語は、つぎの定義にしたがうものとする

  1. 「賠償額」とは、客が洗たく物の滅失破損により直接受けた損害に対する賠償金をいう。
  2. 「物品の再取得価格」とは、損害が発生した物品と同一の品質の新規の物品を事故発生時に購入するに必要な金額をいう。
  3. 「平均使用年数」とは、一般消費者が物品を購入した時からその着用をやめる時までの平均的な期間をいう。
  4. 「補償割合」とは、洗たく物についての客の試用期間、使用頻度、保管状況、いたみ具合等による物品の価値の低下を考慮して、賠償額を調整するための基準であって、物品の再取得価格に対するパーセンテイジをもって表示された割合をいう。
第三条

洗たく物について事故が発生した場合は、その原因がクリーニング業務にあるかどうかを問わず、クリーニング業者が被害者に対して補償する。ただし、クリーニング業者がもっぱら他の者の過失により事故が発生したことを証明したときは、本基準による賠償額の支払を免れる。(賠償額の算定に関する基準法式)

第四条

賠償額は、つぎの方式によりこれを算定する。だだし、客とクリー二ング業者 との間に賠償額につき特約が結ばれたときは、その特約により賠償額を定める。
賠償額=物品の再取得価格×物品の購入時からの経過月数に対応して別表に定める補償割合 (賠償額の算定に関する特例)

第五条

洗たく物が紛失した場合など前条に定める賠償額の算定方式によることが妥当でないとみとめられる場合には、つぎの算定方式を使用する。

  1. 洗たく物がドライクリーニングによって処理されたときクリー二ング料金の40倍
  2. 洗たく物がランドリーによって処理されたときクリー二ング料金の20倍 (賠償額の減縮)
第六条
  1. クリー二ング業者が、事故の原因の一部が他の者の過失にもとづくことを証明したときは、その者に対して求償することができるにとどまり、被害者に対しては本基準による賠償額の支払いを免れることができない。ただし、被害者の過失が事故の一因であることまたは事故の原因について責任を負うべき者が、倒産し、若しくはその事業所を外国に置いている等の事情により、その者に対する求償が事実上不可能なことをクリー二ング業者が証明した時は、賠償額の一部をカットすることができる。
  2. 客が洗たく物を受け取った後6ヵ月を経過したときは、クリーニング業者は本基準による賠償額の支払いを免れる。
  3. クリーニング業者が洗たく物を受け取った日から1年を経過したときは、クリーニング業者は本基準による賠償額の支払いを免れる。  ただし、この場合には、次の回数を加算する。
    • (1)その洗たく物のクリー二ングのために必要な期間をこえて仕事が完成した場合には、その超過した日数。
    • (2)特約による保管サービスを行った場合には、その保管日数。
    • (3)その洗たく物のクリー二ングのために必要な期間をこえて仕事が完成したのち、継続して特約による保管サービスを行った場合|には、超過日数と保管日数を合算した日数。

顧問弁護士

当社の渉外担当といたしまして、下記弁護士事務所様と顧問契約を行っております。

堂島総合法律事務所
大阪市北区堂島1-1-25 新山本ビル4階

弁護士 満村 和宏